肩こりと首コリのストレッチと眼精疲労の解消【名古屋中区栄の眼精疲労の整体マッサージ】

目の開けづらさや、ピントの合わせずらさ、頭がぼんやりと重だるい症状が辛い眼精疲労。

長時間のデスクワークによるパソコン作業や、姿勢の悪さ、ストレスなど様々な要因が関係して眼精疲労が起こります。

その眼精疲労と一緒に肩こり、首コリや重だるさを感じる場合は多いです。

目の症状である眼精疲労と、肩こりや首のコリは位置も離れており、一見関係なさそうに思えます。

しかし、眼精疲労と肩こりは神経を介して関係性があり、眼精疲労と肩こりは切っても切れない関係にあります。

眼精疲労の中の多くの人が肩こり、首コリを感じている

辛い眼精疲労を感じている方の約90パーセントは肩こりを感じていると言われています。

眼精疲労が原因で肩こりになるのか、または肩こりや首のコリが原因で眼精疲労になるのか、そのパターンは人それぞれですが眼精疲労と肩こりは密接に関係しています。

仮に肩や首の筋肉をマッサージやストレッチ をして肩こりを解消しても眼精疲労が強ければ再び肩こりは再発する可能性が高まり、眼精疲労を改善しても肩こりや首に負担がかかり続けると眼精疲労は再発しやすくなります。

辛い眼精疲労を改善していくためには眼精疲労の症状と共に肩や首も同時にしっかりと治療していく必要があります。

眼精疲労の筋肉は自律神経成分の支配を受ける

眼精疲労と肩こりや首のコリは神経を通じて関係しています。

神経の中でも自律神経と大きく関係しています。

眼精疲労の原因となるのはデスクワークなどで近くのモノ(画面)を長期的に見続ける、ピントを合わせた状態を維持していることにあります。

近くのものにピントを合わせるのには毛様体筋を緊張(収縮)させて目のレンズの大きさを厚くする必要があります。

この毛様体筋を支配している神経が動眼神経という脳神経の一つであり、この動眼神経には自律神経の副交感神経成分を含んでいます。

近くを注視する目の働きはこの毛様体筋をガチガチに固めてしまいます。

また、近くを見る時は目を動かす筋肉である外眼筋の一つである内直筋を緊張(収縮)させ、目を寄り目の形にしてピントを合わせる働きを補助します。

この内直筋の神経支配も毛様体筋と同様の副交感神経成分を含む動眼神経によるものです。

眼精疲労の原因となる筋肉は自律神経成分による支配を受けているのです。

肩こりや首コリの筋肉と自律神経失調

首のコリや肩コリの症状が強くなってくると自律神経に大きな影響を与えます。

特に自律神経の中でも副交感神経の働きが大きく低下します。

自律神経には交感神経と副交感神経の二種類がありますが、長時間のデスクワークによる同じ姿勢やストレスは交感神経の働きを強めます。

交感神経が強まることで血管が収縮して血流が悪くなったり、筋肉が緊張してしまい凝り固まってしまう状態になります。

また首には自律神経が集中して走行しており、肩こりによる代償動作や、ストレートネックなどで首に大きな負荷がかかってしまうと自律神経に影響を与え、自律神経失調症などの症状も出てくる可能性があります。

首から喉にかけては脳神経の中でも副交感神経成分を含む迷走神経や、舌咽神経が分布しています。

迷走神経から枝分かれした反回神経は嚥下や声帯の機能を支配しており首は自律神経が多く存在していることになります。

肩こりや首のコリにより自律神経に影響が出る、副交感神経の働きが弱まってしまうと眼精疲労の原因となる副交感神経支配の毛様体筋や内直筋に影響が現れ、結果として眼精疲労が強くなってしまう可能性があります。

デスクワークによる肩こり病と眼精疲労の改善

肩こりや首のコリ、背中のコリが自律神経に影響を与えるものとして頸性神経筋症候群(首こり病)も挙げられます。

人間の脊椎からは様々な神経が出ており、手先から足先まで様々な神経が分布していますが、筋肉を動かす神経とは別に自律神経も出ています。

首から腰までの脊髄神経の前根からは自律神経の交感神経が出ています。

肩こりや首のコリにより筋肉が緊張すると脊椎神経の交感神経成分に影響を与えてしまい、副交感神経の活動が低下してしまいます。

自律神経の働きが障害されてしまうので、肩こりや首のコリ、眼精疲労などの症状に追加して、頭痛、めまい、疲労、多汗、血圧不安定症、食欲不振、胃腸障害、吐き気などの様々な体の不調が出てきます。

⬇︎眼精疲労と歯の食いしばり、歯ぎしりの関係性

首の前傾で首コリや肩こりは起こりやすい

人間の頭の重さは約5キロほどと人体の中でも特に重く、その重さの頭が頸椎(首)に乗っているだけでもかなりの負担がかかります。

しかし、長時間のデスクワークやストレートネックなどで首が前傾になると首への負担は増大します。

仮に首が15度前傾をしただけでも首には約2倍の頭の重さの負担がかかります。

この負担は眼精疲労に直結する後頭筋に負担がかかったり、頭板状筋頭半挙筋胸鎖乳突筋僧帽筋などの首や肩の筋肉に大きな負荷をかけます。

これにより頸性神経筋症候群(首こり病)や自律神経の乱れにより眼精疲労につながるケースも多いです。

マッサージやストレッチ、整体などで負担を軽減、改善

肩こりや首のコリなどの症状は自律神経の不調を起こし、自律神経の副交感神経による調節を受けている目の働きに大きな影響を与え、眼精疲労の症状や悪化を招きます。

眼精疲労を改善するためにも肩や首は定期的にマッサージやストレッチを行い筋肉のコリを解消することが大切です。

頭を斜め後方に向けたり、首を側屈する時に働く胸鎖乳突筋、肩こりの原因となる僧帽筋、肩甲挙筋、頭を後ろに反らせる頭半棘筋、頭板状筋

肩や首の動きに関係する筋肉をストレッチをしたり、マッサージをしたりして緩めて上げることが眼精疲労の解消、また予防に繋がります。

特にデスクワークなどの首が前傾しやすい姿勢は肩や首回りの筋肉に負担がかかりやすくコリやすいので特に注意が必要になります。

⬇︎目疲れや眼精疲労へのEMSマッサージの効果

肩こりや首こりを予防、解消する習慣

・長時間のスマホやパソコン作業をやめる

首に大きな負担がかかるストレートネックは別名「スマホ首」とも呼ばれており長時間のスマホやデスクワーク作業は首に大きな負担をかけてしまうことになります。

体勢、姿勢から頭を前に垂らして画面を覗き込むような姿勢から生理的湾曲が崩れて負担が激増するので注意が必要です。

首と肩は密接に繋がっているので、ストレートネックから肩こりへと繋がるケースも非常に多いです。

・長時間同じ姿勢でいることを避ける

同じ姿勢で長時間いればいるほどストレートネックになるリスク、首への負担は増えていきます。

筋肉は長時間伸び縮みをしなくなると固くなるという性質があり、筋肉の緊張に繋がります。

定期的にストレッチや動かすなどをして筋肉が硬直するのを防ぎましょう。

・腹筋や背筋をしっかりと使えていない

腹筋や背筋は体幹と言われるほど体の芯、軸となる重要な筋肉です。

これらの筋肉をしっかり使えない、筋力が弱まってくると頭が前方に垂れ下がりやすくストレートネックになりやすいと言えます。

体幹を維持する筋肉が使えなかったり、不足したりすると猫背や巻き肩にもなりやすいので注意です。

名古屋中区栄の目の整体、マッサージで眼精疲労の改善

デスクワークや長時間のパソコン業務やスマホ作業による辛い眼精疲労はVDT症候群と呼ばれ目の症状だけでなく慢性的になると身体にも症状が出てきます。

・眼精疲労の症状

・目の疲れ

・目の乾き(ドライアイ)

・目が開けにくい

・目のピントが合わせづらい

・視力が落ちる

・眼精疲労以外の体の症状

・肩こり

・首こり

・上肢や背中の痛み

・手指のしびれ

・イライラ・不安感

・不眠

日常的な眼精疲労や肩こり、首こりはしっかりとケアをして整えていくことが大切です。

名古屋中区栄、大須の眼精疲労専門の整体院のストレッチアイではつらい眼精疲労の改善、予防に対する整体治療、マッサージ、鍼灸治療を行っています。

眼精疲労だけでなく肩や首などの身体のバランスを整える整体とストレッチ、眼精疲労に効果的な鍼灸によるツボの刺激、ヘッドマッサージによる頭皮、自律神経の調節を行います。

ドライヘッドマッサージを提供している整体治療院、サロン、リラクゼーションサロンは多くありますが名古屋中区栄の眼精疲労整体ストレッチアイでは眼精疲労により効果的なヘッドマッサージを提供しています。

目のピントを合わせる筋肉やその補助を行う筋肉、頭皮をメインにしたヘッドマッサージであり、通常のヘッドマッサージによる気持ちよさ、リラックス効果はそのままに、目のパッチリ感、目の開けやすさ、目の疲れなどの眼精疲労特有の症状の改善に効果的です。

完全予約制、安全個室、国家資格保持者の施術による安心の整体院であり、初めての方でも安心してご利用いただけます。

眼精疲労、肩こりや首こり、疲れやすいなどの症状がある方は名古屋眼精疲労整体ストレッチアイに一度ご相談ください。

名古屋市中区、大須の眼精疲労を改善する整体、マッサージのストレッチアイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です