側頭筋ヘッドマッサージで眼精疲労の改善【名古屋中区栄の眼精疲労マッサージ整体】

目がしょぼしょぼする、目が開けにくい、目のピントが合わせ辛いなどの目の辛い症状、眼精疲労で悩まれている方は多くいらっしゃいます。

そんな辛い眼精疲労を持っている方に多いのが側頭筋のコリや緊張の症状です。

側頭筋は頭の横に付着している筋肉であり、筋肉の運動としては直接的な目の症状との関係性はありませんが、間接的に眼精疲労、目の症状に大きな影響を与えています。

側頭筋をしっかり治療する、ケアをすることが眼精疲労を軽快させる、眼精疲労や目の症状を治すことにおいてとても重要です。

側頭筋のコリや筋肉の緊張は眼精疲労の原因になる

眼精疲労に悩んでいる方、眼精疲労を感じやすい方は側頭筋が凝り固まっている場合が多いです。

側頭筋は頭蓋骨の側頭窩、側頭筋膜を起始として、下顎骨の筋突起に停止しています。

直接目の動きと大きく関係がある筋肉ではありませんが、側頭筋膜に付着しているため頭皮全体の動きに関わります。

頭皮は頭頂部の帽状腱膜を中心に頭全体を覆っています。

目の動きに関与する前頭筋も帽状腱膜に付着しているため、側頭筋の動きは間接的に目の動きに関与しているとも言えます。

デスクワークが側頭筋に負荷を与え眼精疲労を悪化させる

側頭筋のコリや負担はデスクワークが大きく関係しています。

人間の視野の角度は片目で約100度ほどとなりますが、デスクワークしている状態ではパソコンの画面に集中している状態であり、視野は極端に狭くなります。

この画面に集中している、視野を狭くしてピンポイントを見ている状態をキープするには側頭筋を強く収縮させます。

この側頭筋が収縮している状態を長時間続けているデスクワークは眼精疲労が非常に出やすい状態です。

・側頭筋以外の近くの画面を見る時の作用

毛様体筋を収縮(緊張)させて水晶体を厚くさせて近くに焦点を合わせる

瞳孔を収縮させて光の量を調節して視界を絞り込む

外眼筋を収縮させて眼球を内側に寄せる

これらの体の作用が複合的に関係しています。

その中でも側頭筋は大きく、力の強い作用であるため、側頭筋が眼精疲労に与える影響は大きく、側頭筋を緩めることが眼精疲労の改善には重要です。

側頭筋は三叉神経による脳神経により調節されている

筋肉はそれぞれ固有の神経による支配を受けています。

側頭筋は脳神経の一つである三叉神経の支配を受けています。

この三叉神経は3つの枝に別れており、側頭筋は三叉神経の第三枝である下顎神経の支配を受けています。

三叉神経は3つに枝分かれしていますが、他の二つは第1枝である眼神経、第2枝である上顎神経です。

第1枝である癌神経は目の症状とも非常に関係性が深く、眼精疲労にも大きく関わっています。

眼神経はおでこから眼球までの感覚を支配しています。

三叉神経などの脳神経には眼球の動きそのものを支配している動眼神経滑車神経外転神経もあり、脳神経は目の症状、眼精疲労ととても関係性が深いことになります。

⬇︎眼精疲労と外眼筋のストレッチ

ストレスなどの歯の食いしばりは側頭筋のコリの原因に

側頭筋と大きく関係があるのは顎関節の動きです。

側頭筋が下顎骨を上に挙上する、口を閉じる動作に関与します。

口を閉じるという動作をする時には咬筋と側頭筋が主に作用します。

顎関節は直接眼精疲労と関係性があるようには思えませんが、顎関節に負担がかかることで側頭筋にも負担がかかります。

凝り固まった側頭筋は目のピントを合わせる機能の低下を招いたり、目の開けやすさなどに関連して眼精疲労の原因となる場合が多いです。

顎関節に大きな負担がかかって側頭筋のコリの原因になるものとして、歯ぎしりや食いしばりが挙げられます。

日常的に強いストレスを感じている場合だと無意識に歯の食いしばりをしている場合があります。

他にも力作業が多い方や、食べ物を咀嚼する時に片方に偏って咀嚼をしている方、睡眠時にクセとして歯ぎしりをしている方は顎関節に大きな負担がかかってしまい

同時に側頭筋のコリにも繋がり眼精疲労の症状が酷い場合が多くあります。

ストレスを感じやすい環境下にいる方に眼精疲労の症状が出やすいのはこの側頭筋と顎関節との関係性が原因の一つになっている場合もあります。

側頭筋は耳の筋肉とも関係がある

側頭筋は上耳介筋、下耳介筋、前耳介筋、後耳介筋という筋肉に付着しています。

これらは耳介筋として耳の動きに関与しています。

眼精疲労の辛い症状を引き起こす側頭筋ですが、側頭筋を緩ます方法は側頭筋を直接揉み解すことも効果的ですが耳を回すことも効果的です。

耳を回すことで耳介筋を刺激して、それに付着している側頭筋を緩ます。

手軽にできる側頭筋のセルフケアとして耳を回すことは効果的です。

⬇︎眼精疲労によって起こりやすいめまい、立ちくらみの種類

側頭筋にあるツボを刺激して眼精疲労を改善

ツボとは長い歴史を持つ中医学を起源としながら、今現在ではWHO(世界保健機関)で様々な症状に効果があるとして認められている361個がツボとして認定されています。

体に何かしらの症状が出た場合、このツボの中に反応が現れるツボがあります。

ツボには経絡という流れの考え方と、筋肉のトリガーポイントの考え方が合わさっておりツボを刺激すると症状を緩和させたり、症状を直したりすることが可能になります。

側頭筋にもツボが存在しており、眼精疲労を初め、耳鳴り、頭痛、不眠などの症状に効果的です。

曲びん

もみあげの後ろの生え際を上に上がっていき、耳の頂点のラインと交わるところ

眼精疲労、頭痛、三叉神経に関連する痛み

角孫

耳を前に折り曲げた時にできる耳の頂点の場所

眼精疲労、めまい、耳鳴り、立ちくらみ、歯痛

率谷

耳の頂点のライン、生え際から指二本分上の場所

側頭筋の痛み、頭痛、眼精疲労、頭の重だるさ

名古屋中区栄の目の整体、マッサージで眼精疲労の改善

デスクワークや長時間のパソコン業務やスマホ作業による辛い眼精疲労はVDT症候群と呼ばれ目の症状だけでなく慢性的になると身体にも症状が出てきます。

・眼精疲労の症状

・目の疲れ

・目の乾き(ドライアイ)

・目が開けにくい

・目のピントが合わせづらい

・視力が落ちる

・眼精疲労以外の体の症状

・肩こり

・首こり

・上肢や背中の痛み

・手指のしびれ

・イライラ・不安感

・不眠

日常的な眼精疲労や肩こり、首こりはしっかりとケアをして整えていくことが大切です。

名古屋中区栄、大須の眼精疲労専門の整体院のストレッチアイではつらい眼精疲労の改善、予防に対する整体治療、マッサージ、鍼灸治療を行っています。

眼精疲労だけでなく肩や首などの身体のバランスを整える整体とストレッチ、眼精疲労に効果的な鍼灸によるツボの刺激、ヘッドマッサージによる頭皮、自律神経の調節を行います。

ドライヘッドマッサージを提供している整体治療院、サロン、リラクゼーションサロンは多くありますが名古屋中区栄の眼精疲労整体ストレッチアイでは眼精疲労により効果的なヘッドマッサージを提供しています。

目のピントを合わせる筋肉やその補助を行う筋肉、頭皮をメインにしたヘッドマッサージであり、通常のヘッドマッサージによる気持ちよさ、リラックス効果はそのままに、目のパッチリ感、目の開けやすさ、目の疲れなどの眼精疲労特有の症状の改善に効果的です。

完全予約制、安全個室、国家資格保持者の施術による安心の整体院であり、初めての方でも安心してご利用いただけます。

眼精疲労、肩こりや首こり、疲れやすいなどの症状がある方は名古屋眼精疲労整体ストレッチアイに一度ご相談ください。

名古屋市中区、大須の眼精疲労を改善する整体、マッサージのストレッチアイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です