失明につながる目の疾患【名古屋中区栄の眼精疲労整体、マッサージ】

年齢を重ねていくと目の疾患になる確率は上がる

人間は年齢を重ねていくと体の様々な部分に症状が現れてきます。

目も年齢を重ねることで老眼をはじめ、様々な病気があらわれてきます。

老眼は40代をすぎると発症する人が多く、歳を重ねていけば大多数の人が症状を自覚します。

老眼の他にも目の重要な疾患は多くあります。

失明に繋がる可能性もある疾患は早期に発見をして、早期に治療、対策をすることが大切です。

また食事、仕事などの日常生活が発症に関係していたりもするため毎日の生活でしっかりとケアをしていくことが大切になってきます。

白内障

・症状

目のレンズの役割を果たす水晶体が濁り、物が見えづらくなる病気。

年齢を重ねるごとに発症確率は上がり70代で約8割、80代以降ではほぼ100%で発病

・白内障の治療

進行を遅らせるための点眼薬での治療(初期)

進行が進むと水晶体を人工のレンズへと取り換える手術

水晶体は目のレンズの役割を果たしており、目に入ってきた光を屈曲させてスクリーンの役割である網膜にピントを合わせる働きがあります。

白内障はこの水晶体が白く濁ってくる病気であり、白く濁ってくると視界がぼやけたりまだらに暗い場所があったり、明るいところで眩しさを強く感じてしまい視界が真っ白になってしまったりと、視覚に大きな影響を与えてしまいます。

白く濁った水晶体は基本的には光を通さなくなるので視力は低下しやすい傾向です。

白内障の原因は老化であり40代を中心に発症をする人が多く、50代では約半数が白内障の症状を感じているとされています。

しかし、紫外線を多く浴びたりアトピー性皮膚炎などで目を強く擦ったりするなどの水晶体への刺激を与えてしまうと発病するリスクが高まります。

紫外線をカットするメガネやコンタクトレンズ、目に物理的な負荷がかからないようにするなどの対策が必要です。

また毎日の食事でルテイン、アスタキサンチンなどの栄養素を摂取すると白内障の発症や悪化を防ぐ効果があるとされています。

緑内障

・症状

日本人の失明の原因の第一位であり、徐々に視野が狭くなってきて視力が低下していく。

・緑内障の治療

点眼薬による治療や、手術によって目の眼圧を下げる治療が行われる。

進行性の目の病気であり、徐々に視野が欠けていき、最終的に視力が低下失明に繋がる病気です。

進行はとても緩やかですが、緩やかだがゆえに緑内障の症状があることを自覚できないのが大きな問題です。

視野が欠けてきて気づいた時には緑内障が進行していたという危険性があるため、早期発見、早期治療が大切です。

定期的な眼圧検査眼底検査を受けることで緑内障の早期発見に繋がり、症状の悪化を抑えることができます。

緑内障のはっきりとした原因はわかっていませんが加齢によって発症率が高まってくる、血管と関係性が深いので高血圧や低血圧などの生活習慣病でも発症率が高まります。

緑内障の約3割は眼圧が上昇することにより視神経が圧迫、障害をされて発症します。(残りの7割は眼圧は正常値だが緑内障を発症)

日常生活の中で眼圧が上昇をしないように注意することも大切です。

・眼圧が上昇してしまう行動

過剰なストレス

喫煙の習慣

首を強く締め付けてしまうような服装

睡眠時のいびき

睡眠時無呼吸症候群

食事ではアントシアニンを摂取することを心がけることで緑内障の予防に繋がります。

⬇︎眼精疲労によって緑内障の原因となる眼圧が高まる

変性黄斑変性

・症状

目のスクリーンの役割を果たす網膜の中心部に当たる黄斑という場所に障害が起こることでモノが歪んで見えたり、視界に黒い影、視力の欠損部位が出てきる病気。

・黄斑変性の治療

点眼薬、注射、レーザーによる手術による黄斑部への治療

黄斑変性は進行性の病気であり進行するにつれてモノの歪み黒い影が徐々に大きくなってき視力の低下、最終的には失明に繋がってしまいます。

黄斑変性の多くが加齢により症状が悪化する加齢性黄斑変性です。

加齢と共に黄斑部にドルーゼンという老廃物が溜まってしまい血管をつまらせてしまいます。

その詰まった血管の流れを改善しようと、新しい血管(新生血管)が作り出されます。

しかし、新しく作られた血管(新生血管)は非常にもろく、破れやすいため、血管が損傷することで血液が漏れ出して視界に異常をきたします。

黄斑変性は血管の状態と非常に関係性が深い病気です。

血管がもろく、脆弱になったり、血流や血圧に問題が起きてしまう行動や習慣は避けるようにすることが大切です。

食事で脂質の多い食事をとると血管に異常が出やすく黄斑変性のリスクを高めてしまいます。

(欧米では脂質が多い食事が多いため黄斑変性による失明をする確率が日本よりも高い)

喫煙の習慣、過度なストレス、ブルーライトなども黄斑変性の発病のリスクを上げてしまう可能性があるので注意が必要です。

脂質の食事は黄斑変性のリスクを高めてしまいますが、ルテインを取ることは黄斑変性のリスクを下げる働きがあります。

ルテインをはじめとして強力な抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンなどを積極的に摂取をすることで変性黄斑症の予防をする事ができます。

緑黄色野菜などにルテインやビタミン類が多く含まれているので日常の食事で積極的にとっていきたい栄養素です。

網膜症

・症状

目の毛細血管が異常をきたすことにより、網膜に異常が起こり視野が狭くなったり視力が低下する病気

・網膜症の治療

網膜のむくみを治療するために眼球に薬を投与したり、レーザーによって出血した部分を焼く手術が行われる

何らかの原因で網膜に出血が起こってしまうことで視野の欠損、失明に繋がる病気。

網膜に小さな出血が起こることで目の前を蚊が飛んでいるような黒い点が見えるようになるのが特徴です。(飛蚊症)

早期発見をして治療をすることが大切ですので、定期的な眼底検査を受けることで失明のリスクを下げることができます。

網膜症で注意しないといけないのは糖尿病の合併症としての糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症(網膜症、腎症、末梢神経障害)の中でも最も早く現れ、糖尿病患者の約2〜3割に発症するとされています。

糖尿病などの高血糖な状態は血管をもろくしてしまうため、破れて出血するリスクが高まります。

また血流を補うために脆弱で破れやすい新生血管ができやすいので、その分網膜での出血のリスクも高まり網膜症が発症しやすくなります。

網膜症の予防で大切なのは日々の食生活です。

高血糖な状態は網膜症だけでなく糖尿病のリスクもあげるため、健康的な食事、適度な運動などの血糖値をしっかりとコントロールすることが大切です。

血圧が高いとそれだけ血管に負担がかかり、もろくなった血管から出血をするリスクも高まるため、血圧のコントロールも大切です。

⬇︎眼精疲労に効果がある栄養素と多く含まれている食品

名古屋中区栄の目の悩みを解消、整体、マッサージで眼精疲労の解消

デスクワークや長時間のパソコン業務やスマホ作業による辛い眼精疲労はVDT症候群と呼ばれ目の症状だけでなく慢性的になると身体にも症状が出てきます。

・眼精疲労の症状

・目の疲れ

・目の乾き(ドライアイ)

・目が開けにくい

・目のピントが合わせづらい

・視力が落ちる

・眼精疲労以外の体の症状

・肩こり

・首こり

・上肢や背中の痛み

・手指のしびれ

・イライラ・不安感

・不眠

日常的な眼精疲労や肩こり、首こりはしっかりとケアをして解消して整えていくことが大切です。

名古屋中区栄、大須の眼精疲労専門の整体院のストレッチアイではつらい眼精疲労の改善、予防に対する整体治療、マッサージ、鍼灸治療を行っています。

眼精疲労だけでなく肩や首などの身体のバランスを整える整体とストレッチ、眼精疲労に効果的な鍼灸によるツボの刺激、ヘッドマッサージによる頭皮、自律神経の調節を行いつらい症状を解消します。

ドライヘッドマッサージを提供している整体治療院、サロン、リラクゼーションサロンは多くありますが名古屋中区栄の眼精疲労整体ストレッチアイでは眼精疲労の解消により効果的なヘッドマッサージを提供しています。

目のピントを合わせる筋肉やその補助を行う筋肉、頭皮をメインにしたヘッドマッサージであり、通常のヘッドマッサージによる気持ちよさ、リラックス効果はそのままに、目のパッチリ感、目の開けやすさ、目の疲れなどの眼精疲労特有の症状の解消、改善に効果的です。

完全予約制、安全個室、国家資格保持者の施術による安心の整体院であり、初めての方でも安心してご利用いただけます。

眼精疲労、肩こりや首こり、疲れやすいなどの症状がある方は名古屋眼精疲労整体ストレッチアイに一度ご相談ください。

名古屋市中区、大須の眼精疲労を解消、改善する整体、マッサージのストレッチアイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です